日記

aya tkn

旅行の終わり

 

 

ジミンの彼氏に運転してもらって

仁川へ。

 

約1時間半。

 

歌を歌ってくれたり、

アニメの話をしてくれたり。

 

ジミンもジミンの彼も

歌がものすごく上手で

ハモりまで完璧ですごかった…。

 

 

そしてナルトのイタチと

ワンピースのエースの場面の話は

言語を超えるんだなあと再確認。

 

 

そして、道中に外を見ていて思ったのは、

韓国には教会がほんっとにたくさん

あるなあということ。

 

f:id:ayatkn:20181014015608j:image

 

どうしてなのか、気になるので

時間があるとき調べてみようと思いますが

もし読んでくださっている方で

知っている人がいれば

教えてくださいまし。

 

 

韓国で一番長い

仁川大橋を渡って、

 

サムギョプサルと冷麺をたべて

(わたしは冷麺が大好きなのですごくすごく

幸せだった…)

f:id:ayatkn:20181014015821j:image

 

ジミンとお別れ。

 

ともだちというより姉妹のような

関係なので、しばらく会えなくても

変わらずに自然に過ごせるし

離れていても心強くいられるけど

それでもやっぱりずっと近くにいれたら

良いのになぁと、寂しくなりました。

 

お別れの後は

今夜のお宿、
ジョーゲストハウスへ。

https://www.booking.com/hotel/kr/jo-guesthouse-incheon-airport.ja.html

 

朝が早めで、

アラームかけないといけないから

ひとり部屋が良くて

3700円くらいのシングルルームに。

 

f:id:ayatkn:20181014015831j:image

 


広くて綺麗で

タオルもくれるし部屋にドライヤーもあるしで

すばらしい…

自分のを使ったので使用感はわからないけど

お風呂セットも置いてありました。

 


朝も何時に出るか教えてくれたらタクシーを呼ぶよー

卵と、シリアルと、ゼリーと、牛乳

好きにどうぞー朝ごはん食べてねーと、

至れり尽くせり。

 


オーナーさんが日本語を話せるのも安心ポイントです。

 

たのしい話し相手にもなってくれるので

1人で泊まっても

たのしいんじゃないかしらー。

おすすめします!

 

あー
明日のお昼には

もう自分の家にいるのかぁ。

 

 

 

コリアンフードにコリアンフェイス

 

ソウルに行った日の夜は

コプチャンを食べに。

f:id:ayatkn:20181014014923j:image

 

コプチャンはホルモンとか臓器系。

ソジュと一緒に食べるのが

おいしくて、これはコプソ

と呼ばれているらしい。

 

ワンコインカラオケで

ジミンの歌を3曲くらい聴いて

もうちょっとあそぼう!という

ハイパー元気なジミンとともに

また呑み屋さんに。

 

f:id:ayatkn:20181014014949j:image

 

ぶどう味のビールがおいしかった…!

 

f:id:ayatkn:20181014014947j:image

 

 

3時ごろに帰宅して、

よし!映画を観よう!と言われたので

映画観たけど10分で脱落。

 

そのまま次の日の昼まで爆睡。

 

たくさん、たくさん

楽しませようとしてくれて嬉しかった。

 

 

そして!

ついについに!

 

f:id:ayatkn:20181014015017j:image

 

ジャージャー麺とタンスユク!!

出前!!

 

半々のセットで

電話で注文して20分くらいで

届きました。

 

たくわん(タンムジ)と

一緒に食べておいしかった!

 

テンションがあがりすぎて

写真撮っていないという。

 

昨日観れなかった映画の続きを見て

お化粧をしてくれるというのでお願いして、

のーんびり過ごしました。

 

ジミンメイクは、

・まゆげはしっかりめ(でも日本のトレンドほど平行ではない感じ)

・チークはほとんどなし

・肌をひたすら綺麗に見せるためにがんばる

・アイシャドーはオレンジとかゴールド

涙袋も白いシャドーではやらない

・くちびるは中の方だけ、ティントの重ね付け

 

印象的には

日本のメイクと

欧米で流行ってるメイクの中間くらいな

気がしました。

 

一気に韓国にいる人っぽくなって

感動。笑

 

韓国でしか

できなさそうなことをたくさんできて

プラス

ジミンとのんびり過ごせて

良い時間でした!

 

 

 

 

 

ソウルデイ

 

スタバの後ひとりでふらついているときに

デパートでお手洗いに行ってみると、

不思議な空間が。

 

f:id:ayatkn:20181014002242j:image

 

水を飲んだり

ソファで休憩するところなのですが、

結構な人数の方がそこでグースカ寝ていたのが

とてもシュールに見えて面白かったです。

 


その後学校終わりのジミンと駅で

待ち合わせて鈍行の電車で

1時間ちょっとかけてソウルへー

電車賃は200円くらい

 


ガヤガヤしたところよりは

静かで落ち着いたところに

行きたいと言ったら、

キョンボックンに

連れて行ってくれました!

 

f:id:ayatkn:20181014002427j:image


ソウル駅の近くで

マイクロソフトとかそういう

企業のビルが建ち並ぶ街中に

ドンと建っている

李朝時代の王宮なんですが、

 


地下鉄3番線の

5番出口(キョンボックン駅)

から階段をのぼると

すでに敷地内で、すごく綺麗です。

ちょっとタイムスリップした気分になれる!


チマチョゴリとかを着て

写真を撮っている人がたくさん!

日本人の修学旅行生もたくさんいました。

 

敷地を出たら街に

たくさんレンタルのお店が

あったのでそこで着てから

王宮に行くのも良さそう!

 


ちなみにこの場所

わたしが大好きなドラマのロケ地になっていたので、

個人的にものすごくテンションがあがる場所でした。

 


とはいえ、この場所

歴史的に日本と関わりの深い場所で

(って、韓国自体がそうなんだけど)

 

1395年に李氏朝鮮の開祖、イ・ソンゲが

建設したものなのですが、

1592年、豊臣秀吉

朝鮮出兵で(文禄・慶長の役)のときに

一度焼滅してしまっているのですー

 

しばらくは縁起が悪いとか

色々な理由で放置されていたらしいのだけど、

1868年に再建されました。

 

1910年に日本が朝鮮を統治すると

日本側がキョンボックンの敷地内に

統治のための官庁を建てて

もともとあった歴史的な建造物は

ほとんど撤去されてしまったそうです。

 

1990年から本格的な復元事業が始まって

今もまだ復元中です。

 

ガイド無しで

ただ歩いているだけだと

なかなか気づかないし

 

写真を楽しく撮るのに

すごく良い場所だけど

 

ちょっとは歴史に目を向けてみるのも

韓国旅行に行くときに大事なのかもなあ…

なんてことを考えたりしました。

 

(わたしも、しっかり、ちゃっかり、写真撮ってキャーキャーやってきましたが)

 

f:id:ayatkn:20181014002516j:image
f:id:ayatkn:20181014002519j:image

 

細部まで美しい…

 

 

そのあとは

バスですぐのところにある

有名なキルム(油)トッポギのお店に行って

f:id:ayatkn:20181014002649j:image

 

可愛くて凝ったちいさいお店がたくさんある

あたりに行って

キャンドルを買ってみたり。


f:id:ayatkn:20181014002725j:image
f:id:ayatkn:20181014002722j:image

昔のゲーセンみたいなところをのぞいたり。

 

たくさん遊んで

帰りは特急のちょっとだけ高い電車で

(鈍行が200円でこちらは500円)

パパっと。

 

家までのバスで

運転手さんとお客さんが

激しめの口論をしていて

明らかに乗客が悪かったんだけど

その人が降りたあとの運転が荒くて荒くて。

 

仕事中とかでも

感情を露わにできる人が多い気がして

それが私は結構すきだなぁーいいなぁ

と思います。

運転中はやめてほしいけど。笑

 

 

 

 

絶不調

 

 

お腹が

死ぬっほど痛いっ!

 

バタンキューで寝てから

数時間後、今まで感じたことのない

ものすごい痛みで目が覚めて、

大抵の腹痛に効く

体育座りのポーズも全く歯が立たず。

 

本当にここで死んじゃったら

遺体とかどうするんだろう…空輸?

とか真剣に悩みながら長い間

丸まっているうちに

 

朝になっていて

普通に生きてるし、

お腹もそんなに痛くなくなったしで

ほっとしました。

 

旅先での体調不良はこわいもの〜。

 

 

そして、今日ジミンは学校があるので

一緒にバスに乗って

私は学校より少し行ったところにある

大きめな駅のそばで

時間をつぶす予定だったのですが、

 

なぜかいつも通りに元気なジミンとは

対照的にわたしは二日酔いで

もうただただ気持ち悪くてだんまり。

お腹も変だし。

 

バスに乗るのも憂鬱すぎて。

 

案の定、ガタガタの道では

 

「いや、もう降りないとやばいかも!?」

「でもここで降りたらその後どうしたらいいかわからない。」

「ジミンにこの状況を伝えたいけど。正直口開いたら、もう終わりそう。」

 

そんな問答を頭の中で繰り返しているうちに

長い長いガタガタ道が終わって一安心。

 

しんどすぎて、必死すぎて

綺麗な景色もバスの様子も

1枚も写真を撮れていないです。笑

 

 

駅前についてからは

すこしフラフラ歩いてみて

チェーンじゃないカフェでも試してみようかと

思ったけれども怖気付いて

みんな大好き、外国人の強い味方

スターバックスへ。

 

f:id:ayatkn:20181012102459j:image

 

平日の朝だからか

パソコンを開いて作業をしている人や

グループでいろいろ資料を広げながら

会議している人たちが多かったです。

 

わたしはといえば、

お味噌汁とか飲みたいなぁと思いながら

コーヒーをすすって

こうして記録を残しております。

 

 

—おまけ—

今回の旅でよく見る韓国ガールファッション

f:id:ayatkn:20181012111428j:image

 

暇かよってな。

 

寒いから

変形ブレザーみたいな形のジャケットか

トレンチか

裏起毛っぽいトレーナーの人が多くて

ぴったりめで末広がり、半端丈のズボン

コンバースの人が多い気がする…

 

かわゆい。眼福。

 

 

 

食べる食べる食べる

f:id:ayatkn:20181011225027j:image

「韓国といえば!」

の、サムギョプサルとかプルコギとか

食べるのも良いけれど…

 

パスタめちゃくちゃおいしかったよ!?

ロゼパスタとクリームパスタとサーモンサラダを

ジミンのともだちと3人で食べました。

ひとり1300円くらい。

 

人見知りしてたから、

最初味がわからないまま食べていたんだけど

途中から、え!?すごいおいしい!!

って気づいてびっくり。

 

 

f:id:ayatkn:20181011225050j:image

ごはんのあとは、車で20分くらいの海辺へ。

ドライブの時は

韓国のインディーズ音楽が流れていて

すごく気分が良かったです。

 

f:id:ayatkn:20181011225035j:image

 

対岸のマンションとか、橋が

暗闇の中でキラキラ光ってて

すごく綺麗。

 

f:id:ayatkn:20181011225109j:image

 

海の近くなので海鮮焼きが有名らしく、

海鮮の店と、カフェと、チキンの店がひたすら並んでいました。

 

 

 

次どこ行く?という時に2人の会話が。

 

ジミン「ここはどう?あやは、こうゆう普通のところ見たいんだって」

 

ジミンのともだち「でも、さすがにここは違うんじゃない?」

 

違うと言われたら見たくなってしまって

行きたい!!と、入って見たのがここ。

 

f:id:ayatkn:20181012101538j:image

 

一見ただの魚市場なのに客引きが強烈すぎて 笑

 

気づいたら顔の前にお店の人の顔があって

もうすんごい至近距離で

すんごい粘り強さで

おススメしてくれるという。

 

魚とか貝とかエビとか、

おいしそうでした。

買って二階でバーベキューしてくれるところも

たくさんあるらしいです。

 

 

そのあとまた、市の中心に移動。

f:id:ayatkn:20181011225133j:image

 

トッポッキとかおでんが売っている

屋台を見たり

 

f:id:ayatkn:20181011225144j:image

 

コーヒーを買ってみたり(250円)

 

f:id:ayatkn:20181011225200j:image

 

お花の自販機を発見したりして

楽しんだあとは、

お友達と別れて

 

ジミンと家のそばの歩いて帰れるところに

移動して

 

チメタイム!

チキン(フライドチキン)とメクチュ(ビール)の略だそう。

 

メクチュとソジュ(甘い焼酎?)を混ぜてつくる

ソメクを飲みながら、夜中までしゃべり倒す。

 

チキンとお酒合わせても2人で3000円いかないくらいでした。

 

f:id:ayatkn:20181011225331j:image

 

そのあとコンビニでソジュとおつまみを買って

イートインスペース的なところで

飲み直し。

 

ソジュがすごく安くて150円くらい?かな。

 

酔った勢いで公園の遊具で遊んで、

家に戻ってバタンキュー。

 

長い長い1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チゲ屋と短大

 

面接の後、

おみやげ?のお菓子とかパンと

お金(大きい企業だともらえるらしい)

を手に入れたジミンとお昼ご飯。

 

f:id:ayatkn:20181011144504j:image

 

チゲ屋さんで、

お手洗いに行こうと思って聞いたら

レジ横のトイレットペーパーをとって

隣の隣のビルのトイレを使ってとのこと。

 

横の紙に書いてあるのがトイレのドアを開けるパスワード。

 

トイレットペーパー握り締めて

道路歩くときの気分は

なんともいえない初めて感じるものでした…

 

 

f:id:ayatkn:20181011144510j:image

 

マンドゥチゲ(700円くらい)

魚とか海苔とかキムチは

勝手についてくるやつー!

 

食べ物到着した瞬間

「早く!早く入れて!」

とテーブルにあった生卵を渡され、

割入れたら、

 

そのあとはお米を茶碗に移す!!

 

くっついてとれないおこげ(ヌルンジ)

がのこった釜に、

テーブルにおいてあるお湯を入れて

蓋を閉じる!

 

チゲとか一通り食べて、

あー口が辛いなぁとなった頃に、

 

f:id:ayatkn:20181011144522j:image

 

最初にやっておいた

おこげにお湯入れといたやつすする〜!

 

ァアー

って声が不可抗力で出ちゃう感じ。

やさしぃぃいぃいー( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

おいしかったです。

 

ごはんのあとは

ジミンの通う短大へ。

 

f:id:ayatkn:20181011144531j:image

 

短大だからなのか、すんごい若い感じが。

なんだか強そうなジミンの友だちに

囲まれながら

人見知りを発揮し

先生とかにもなぜか挨拶をして

帰る頃にはグッタリ。笑

転校生になった気分。

 

 

だけどまだ

今日は終わらない〜

 

 

 

 

 

ちいさな発見

 

ジミンは絶賛就活中で

今日は仁川で面接があったので

そのあと街をプラプラしよーということで

8時にふたりで家をでて

인천(仁川 インチョン)へ。車で1時間くらい。

 

f:id:ayatkn:20181011094241j:image

 

車の駐車が30分200円で高いって

プンプン(*`へ´*)してた。

 

車乗らないからあんまり分からないけど

東京だったらそのぐらいが普通なのでは?

と思ったり。

 

路上におじさんたちが立ってて

駐車したら、

おそらくその区画の担当の人が

チケットをフロントガラスのところに

挟んでくれるという流れ。

 

スポット探してる時に

おじさん突然寄ってきて

「もっとはよ来なきゃじゃん!空いてるわけねぇだろが、ったくよぉー このヤロー」

みたいなことをすごい勢いで

言ってくるので、

いや、すげえ口悪いな!笑

みたいな。

なんだか新鮮で面白かったです。

(もちろん優しい言葉遣いの方もいました)

 

無事に駐車できたので

会社の近くのタリーズ的なカフェで待ってるよー!

と言ったら

いや、一緒に会場まで行こうと言い出して

一階ロビーにいた人事の方?も

 

「あら!友達かい〜?イイネ☆」

 

ってすごくフランクな感じで、

ちょっとびっくりしました。

 

さすがに一緒に行くのはちょっと!!

って

ロビーにあるカフェで時間をつぶしていると、

韓ドラによく出てくる

テイクアウトのコーヒーの箱を持った

カッコいいスーツの男女やら悪役っぽいおじさま、おばさまやらが本当にいて、

カツカツ歩いてて

ふぁぁあぁぁぁ!と静かに興奮。

 

 

話は変わりますが、

 

f:id:ayatkn:20181011102932j:image

 

郊外には

こういう番号のついた集合住宅?

高層マンション?が

たくさんあって

見るたびにベランダないのかなぁ、

どこで洗濯してるんだろうと思っていたのだけど、

 

リビングの奥に窓があって、

ベランダのようなサンルームのような空間があって、

また窓があるっていう作りになっているみたいです。

 

たしかに、寒さも厳しいし洗濯物もPM2.5とか気にする方いそうだから、良いのかも。

いつもいつも洗濯物を雨に晒してしまうので

わたしもこういう家住みたい…と強く思いました。

 

小さいことが、おもしろくて

記録が止まらない…