日記

aya tkn

最近のたきのニュース

 

最近はじめたことのお知らせ〜

 

ちょっと真面目なことになってしまうけど。

最近何やってるの?と聞かれることが多いので書いておこうと思います。

 

 

大学のゼミで、日本人とは〜(日本人論)とか、日本の移民について勉強してて

わたしは日本の公教育におけるニューカマー(ものすごくざっくりいうと80年代以降に日本に来て長期滞在することになった移民)のこどもっていうテーマでやっていたのだけど。

 

(簡単に説明すると、日本に親の都合で来た時点で日本語に全く触れたことがなかったり、親の母語が日本語じゃないから日本で生まれ育ってもあまり日本語が得意じゃなかったりという人の日本の学校での生活だったり問題について調べていました)

 

レポートもしっかり書けなかったし、(というか壊滅的)

将来、こういう人のために働きたいなと思っていたけど

実際どんなところかも知らないなあ。。。

と思ったので

 

横田基地の近く、東京の西の方の、福生というところにある

日本語教室でインターンをすることにしました。

日本語が得意でないこどものための学校で、日本語の勉強と学校の教科の勉強、学校に行くためのサポートをしているところです。

 

週2日で、とりあえずは3月まで。

 

お話を聞いたところ、こういった教室は本当に少ないので、いろいろなことを請負わざるおえないそうで

生徒さんの中には1時間以上かけて通っている子もいるそう。

 

まず、福生駅におりてなんだかドキドキ

基地が近くにあるからなのか、

米軍の方達が歩き回っていたり、コンニチハ!!って言われたり。

 

駅から近い、教室は小さくて

生徒さんでいっぱいでした。

ホワイトボードのパーテーションで区切られたワンフロアの教室には

わたしの腰ぐらいまでの身長の子から、180センチ以上はありそうな子までいて。

ワイワイと勉強していました。

 

午前は学校にまだ通えていないこどものための日本語の授業で

午後早くは小学生がメイン。学校での学習とか宿題のフォローって感じ。

夕方からは塾っぽい感じが強くて、中高生が多い印象でした。

 

お手伝いをするときに、いくつかのアドバイス

”ここしか居場所がない子もいるので、この先生に会いたくないから来たくない。とかって思わせないようにしたいですね”

という言葉をいただいて

身が引き締まりました。が、

実際に生徒さんと触れ合って見ると思っていた何倍も難しくて。

 

日本語が得意でないっていうだけだから

学年にあった接し方をしようと思いつつも

伝わらないとつい、小さい子扱いをしてしまったり。

 

そもそも、分数だったり、漢字の読み方だったり

どうやったら上手に説明できるのかもわからなくて。

 

説明をわかっているのか、わかっていないのか、

どれだけの日本語が理解できるのか話せるのか、もわからず。

 

他の先生から、”わかっていないことを隠すのがとても上手”と聞いていたのに、

怖がらせたくなくてどこまで突っ込んでいいのか、もわからず。

 

本当にダメダメだったので、

これから頑張らないとなあ。

言葉と教えることに責任を持たないと。。。

 

 

まだ、ほんの少ししか教室で時間を過ごしていないけど

なんだか、ああ、これってリアルなんだなと思いました。

 

日本語ができないから学校にまだ入れてもらえなかったり、

他の子とすこし違うことが理由で嫌な思いをしたり、

本の学校に入ったら、他の子と同じレベルを求められるし。

 

 

正直なところ、

算数とか、やっている姿を見て

うわーわたしが小5の時の10倍頭良いんだけど。。。

と思うことも多々あり。

てゆうか、今のわたしより確実に算数できる。。。

 

この子たちが、日本語っていう壁のせいで

これから先、学べるはずのチャンスを得られないのって

おかしいと思ったし、

勉強ができないって思われたり、自分で苦手意識を持ってしまうのは

すごく悲しい。

そういう子が他にもたくさんいるんだろうなと思うとやるせないなと思ったし、

やっぱり、そういう人のためにわたしは時間を割きたい

働きたいと思いました。

 

とりあえずはこのあたりで。

記録としても、これからのこのトピックで書くことが多くなるかもしれません。

ご了承くださいませ。

 

 

 

夏も終わり

 

夏休みをボケーっと過ごさないために!

と再開したブログだったけど、

ノルウェーに行ってから放置してました。

 

というのも、やっぱり日常を書くと

近くにいる人のことを書くことになっちゃうんだけど、

 

例えば、今日会った人の話とか

その時話したことについてとか。

 

そうなると、どこまで書いていいのかわからなくなってしまって。

なかなかブログと日記の線引きは難しいですね。

 

まあ、夏休みらしくグータラしたりもしつつ、

小松サマースクールで、今年もすんごく濃い時間を過ごしました。

 

今年は去年よりもっと深く関わったので

開催中の大変さも、大事に思う気持ちもぐーんと増えて

濃すぎるような時間を過ごすことができました。

 

ほんとーに大好きと思える人たちにも会えたし。 

 

帰ってからは夏の課題をしたり、バイトをしたり。

夏のゼミの課題をしっかりできなかったことが唯一の夏の後悔です。。。

 

実家の広島に戻って家族と話したり

(元ニート兄に数年ぶりに綾ちゃんと呼ばれて嬉しかった)

おばあちゃんの家にお父さんと行ったり

幼馴染と外でたむろしたり。笑

 

そんなこんなで8月は終わり。

 

30日から学校があったのだけど、

めっきり秋の気候になったので、気持ちよく夏休みを終えることができました。

 

良い夏だったな。

 

自宅警備員卒業…かも

 

おとといの夜

今までで一番

 

感動してびっくりすることがありました。

 

 

その後から、もういろんな気持ちでいっぱいいっぱいで

感情を外に出したいなと思ったけど

誰を呼び出せばいいのかもわからず。

 

なのでここに書き連ねようと思った次第です。

 

知っている人も知らない人もいますが

瀧野家には

2つ上の兄と、4つ上の兄がいまして

2人とも中学生のころに学校に行かなくなりました。

 

 

ゲームは一緒にさせてくれないけど、優しくて私なんかより数倍頭も良いお兄ちゃんが

乱暴で家で大暴れする思春期の中学生になったことが

理解できなくて、すごく怖いけど、だからって嫌いにもなれず。

 

でも、小中学生の頃は不登校って恥ずかしいことって思っていたから

友達にお兄ちゃんがいるって知られたくないって隠そうとしてた時期もあったり。

 

 

ですが時間は解決してくれるもので

上の兄は中卒のおとなしい自宅警備員になり

下の兄は定時制の高校を卒業してフリーターに。

 

お兄ちゃんが家にいるのが当たり前で

こういう風になったのは、お兄ちゃんのせいではなくて

だめだからじゃないし

恥ずかしいことじゃない

って自然に思えるようになるまではそれなりに時間がかかったけど

いろんな人にあったり、経験をするうちに

つまりは私が少し大人(mature)になるにつれて

少しずつ理解できるようになっていったかなと思います。

 

お兄ちゃんが歯医者に行ったり、昼に外に出たりするの社会復帰だ!って喜んだりして。

家族も我が家の当たり前を作ってそれを受け入れて。

 

 

 

私にとっては、小学生の頃から家にいつだっていてくれる自宅警備員な兄は、絶対悲しい思いをさせちゃいけない人で、弟のような人で、でもやっぱり昔のままもかっこいいお兄ちゃんでもあって。

 

ずっとずっと心配で

私や家族が慣れて受け入れたって、

本人が今のじぶんを受け入れられないなら、やっぱり辛いんじゃないかなって

いつか死んじゃうんじゃないかってずっと心配で心配で

 

ある意味東京で進学したことも逃げだったかもしれないなあ。

 

でも離れたって、

私が人の役に立ちたい、困っている人の助けになりたいと思うのは

多分一番どうにかしてあげたい人、幸せになってほしい人のことを

放って置いているからなんだっていう罪悪感を感じながら

過ごしてきた気がします。

 

もうお兄ちゃんの世界が家とパソコンの中だけになってから

14年。

 

もうこのままなんだろうなって思っていたところ、

おとといの夜。

 

広島からわたしの家に来ていた

お母さんが

『お兄ちゃんが自衛隊に受かったの』

と。

 

何かのジョークかと本気で思って

つい笑ってしまいました。

 

下のフリーターお兄ちゃんが

ずっとフリーターでは居られない!けど高卒だし就職はきっとできない!と去年自衛隊に入ったのですが

そのときに手助けをしてくれた方が、上のお兄ちゃんにも声をかけたらしく。

 

もしかしたら、下のお兄ちゃんがお世話になった手前、断れなかっただけかもしれないけど

 

やろう!って決めて髪の毛をちゃんと切りにいって、一人でたくさん人がいるところで試験を受けるまでのことを思うとやっぱり、

なんだか

感動。というか、エーーーー!そんなことできたの!みたいな。

 

お母さんにも内緒で試験を受けていたらしく、

突然、身なりを整え始めたので

 

「週2くらいで夜中のコンビニバイトでもしたらいいんじゃない?」

なんてことを淡い期待で勧めていた母は

仰天したそうです。

 

まあ、とりあえず3ヶ月間の訓練みたいのがあるらしく

それだけで終わりになるかもしれないけど、それでも大事件です。

 

もはや期待も想像もしていなかったことが起きて

本当にびっくりしてるし

いろんなことを思い出して

なんだかもう、言葉にならないけど。

 

むかーし、言われた

こうなったのもお前のせいだ!っていうのをずっと気にしていて

本当は私だけ高校や大学にいっているのもいつも申し訳ないって思ってたけど

なんだか、もう気にしなくて大丈夫なのかもしれないって

 

思ったらすごく安心して

 

この話をしてる時、お母さんも

色々「きっとすぐ辛くなって戻ってきちゃうわよ」みたいなこと言いながら

すごくうれしそうにしてて、

私もすごく、本当に嬉しかった。

 

 

こういう話をしても

どうにもならないので

いつも自分の中にとどめていたけど

なんだか明るい方に向かっているような気がするので書けました。

 

なんか、

変な気分にさせたらすみません。。。

 

私の、私を構成する?大きなことだったのに

なかなか言えなくて、隠してるみたいな気持ちになることもあったので

言えてスッキリしました。

 

 

 

はやおき

 

 

最近、朝はやくに起きてしまう。

4時とか5時とか

 

これはなんなんだろう

暑くて起きちゃうのか

時差ぼけなのか。。。

 

ももう帰ってきてから1週間なので

時差ぼけってことはなさそうだけど

 

せっかく旅行中に体を動かすたのしさを知ったので

朝散歩をしています!

 

自分が5時に散歩するなんて日が来るとは思ってなかった。

 

 

みどりがたくさんで遊歩道もある玉川上水の真横に住んでいるのに

全然散歩なんてしてなかったなあ。

春とか秋のほうが気持ちいんだろうなあー。

 

夏休みに朝はやくに起きると1日が長いんだなーということを実感しております。

 

でも家にいると、すぐにYouTubeVlogを観たり

NetflixでLIMITLESSを観たり

昼寝したりしちゃうので

 

きょうはドライブスルーがある系の、

駅の近くじゃない、空いているスタバまでチャリで来てみました。

 

(家のそばのスタバといえば、ここか国分寺駅のスタバなんだけど

個人的に国分寺のスタバは

ガヤガヤしててひとりで行くのはあんまり好きじゃないので、

おしゃべりしたいときはあんまり遠慮しなくていいからありがたいけど!

ちょっと遠いけど、ひとりのときは、ここのスタバのほうがすきです。

何店なんだろう?)

 

が、ついた途端に雨が降り始めたので

止むまではここで過ごすことになりそうです。

パソコン持ってきちゃったし。。。帰れない。。。

 

わたし、YouTubeの動画とかドラマ観るのだいすきなんだけど

なんかしょうもないことに時間を使ってることがしてしまって

罪悪感がすごいから

最近は、英語か韓国のYouTuberの動画とか映画を観るようにしています。

 

英語だったら、FBI系のちょっと難しい言葉を使うドラマを英語字幕で観たり

ビッグバンセオリーとかは観ていいって思ってる。

普段使わない単語がでてくるけど、流れ的に辞書をつかわなくてもわかるから

勉強してる気になれていい。

 

あとは韓国のアイドルのドキュメンタリー?みたいなのを英語字幕で観たり。

これも勉強してる気になれる。

し、日本語字幕の動画がでるより先に英語字幕の動画のほうが先にでるから早く観れるも得した気がしてうれしい。

 

あとは、この前の旅でノルウェーに恋したわたしは

最近ノルウェー語のおもしろいYoutuberとか動画を探してるんだけど

それが、あんまりないのですよ。。。

ドラマとか音楽は基本的に英語のものを観るらしいし

Youtubeも英語でやってたりするから。

ノルウェー語のもあるけど、人気じゃないと英語字幕ついてないし。

 

 

それでブログとかを読めるように

ノルウェー語の基礎を勉強してみるか!と。

 

ちょっとはじめてみたんだけど、

シンプルでおもしろい。

 

大学の第二外国語のフランス語に苦しめられすぎて

外国語勉強するの嫌いになりかけてたけど

ひさしぶりにたのしい!と思えたので

 

もうちょっと、このムードが続いたら

本でも買って本格的に勉強してみようかなと思ってます。

 

 

最近、生活のリズムというか質が

向上しているような気がしてうれしい。

 

とりあえず夏休みだけでも、このいい流れがつづきますように。

 

 

 

 

日常

 

 

7月の23日、24日はひさしぶりにバイト。

だいたい2週間ぶりで

しかも忙しい土・日でびびってましたが

3年も続けてれば体は覚えてるもんですね。。。よかった

 

バイト中に、素敵なお客さんに会えるとすごく嬉しい。

 

バイトしてるお店が

国立・立川・国分寺の地元のお野菜の直売所の直営店で

珍しいお野菜とかを紹介するんだけど

たのしんで聞いてくれるひととかに会えたらすごく嬉しくなる。。。

 

飲食店の忙しい時間って結構ぴりぴりしてるけど

それをやさしい言葉とか態度でほぐしてくれるお客さんとか。

 

まあ、逆に忙しいときに

ちょっと店員を人間とおもってないようなひとに出会うと

イライラは簡単に頂点に達してしまうけど。

そうなると、もう顔と目が死ぬけど。

 

最初はお客さん、つまりは初対面のひとと話さないといけないのが

すごく嫌でつらかったけど

だんだん距離感の取り方とか

話してくれそうなひと、話しかけて欲しくなさそうなひとの区別がつけられるようになってきたので

最近は結構たのしくバイトできている気がする。

 

むかしはちょっと何かある度に泣きながらチャリこいでた。笑

 

お店は国立の西友の地下にありますので是非きてくださいませ。

野菜おいしいよ!!野菜きらいなひとほど来てほしい!

 

あと、お店の横にクラフトビールのお店が新しくできたので、

そこにも是非来てほしいー。

(バイトも募集中)

 

なんか宣伝みたいになってきた。笑

 

今日は

ドリンクをつくるのと、キッチンの担当だったんだけど

すごく忙しかったから、目標達成した日のハーゲンダッツを狙っていたのに

(目標に達成すると営業終わりにハーゲンダッツたべれるの)

(バイト募集中だよ)

目標達成ならず。。。

 

日曜日で引きは早かったので

早めにおわって

アイスを自分で買って、社員さんたちとおしゃべりしました。

 

学校があるときはあんまりできないけど、

夏休みは営業後ののんびりタイムが楽しめるのもうれしい。。。

 

いつもいろんな話しをするけど、

今日は

結婚したいひとの両親はよく知っておきなよ!というお話

 

親のロールモデルって基本的に両親だし

つまりは、夫婦のロールモデルも両親。

だから、結局それが大きく違いすぎると苦労するよーという話で。

 

あとお金の使い方とかも。


お小遣い制のおとうさんを見て育ったら、

奥さんが家の財布を握っているのが当たり前だと思うだろうし

両親の財布が別々のお家だったら、自分のお金は自分で管理するよ!って思うだろうし。

 

まあ、『結婚してみないとわからない』ことも

相手の両親をみれば、すこしはわかるんじゃない?ってことかなあ

 

あとは、パートナーに関してとかそういう話。

 

同じ年のともだちと話しているときにはない意見とか、

率直なアドバイスとか、

いろんなことを経験してるひとの言葉だなーって思う。

 

自分がこれから進むであろう道とは全然ちがうところでバイトしたほうが

いろんな道を辿ってきたひとに会えるから今のバイト先が結構すきです。

おもしろい。

 

そういえば、前にお父さんとお酒を飲んだときに

”楽しい思いをたくさんさせてくれるひとよりも

悲しい思いをさせないひとと付き合ってくれたほうがうれしい”

って言われたことがあって、

 

お父さんと好きなひとの話はもちろん、男の子の話なんてしたことなかったから

そわそわしてて全然理解できなくて

どういうことなんだろー?まだ学生だしたのしいことがたくさんあったほうがよくないかな?って思ったし
そのままちょっと忘れてたけど

先のことをいろいろ考えて言ってくれてたんだなー

ってことに気づいた今日の帰り道でした。

 

 

確かに、ずっとずっと長い間一緒にいるひとだったら

自分のことを大事にできる時間をお互いに持てる関係じゃないと

苦しいかもしれない。

 

あしたはおやすみです!
レポートを進める日にしたい。。。

 

 

 

 

意思表明

 

昨日、今日と

暑さと時差ぼけにコテンパンにやられまくっております。

とりあえず、明日からはバイトもあるので

いやでもボケていられなくなると思うので

 

昨日と今日のことは多めに見てあげようと思います。

 

昨日は図書館に行って調べ物。

その前に西国分寺のおいしいおいしいおいしい

カレーを食べようと思って

(すぷ〜んっていうお店)

暑いなか自転車を必死で漕いだのにおやすみでした。

ぐるなびには定休日じゃないって書いてあったのに。。。

 

そして今日は大学のともだちと

ご飯。

 

はじめて”とりき”に行きました!
鳥貴族!

おいしいんだね!やすいんだね!と感動

飲み物でてくるのはやくない?どうなってるんだろう。

 

とりあえず

ちょっとひさしぶりにあったので

近況報告が止まらず。

 

すごいすっきりした。。。

 

人に話してみるまで

自分がほんとになにがしたいのかわからない

みたいなことってある気がしているので

 

わたしの友達はみんなわたしのセラピスト。笑

 

そのあとは

喫茶店に行こうか?ってなったけど

外がひさしぶりに風が吹いていて涼しかったので、

タピオカを買って、井之頭公園でぼけーっとしました。

 

大学に入ってから

本当に流れのまま、流れのまま

縁ですすむもんだよ人生は。

とか思って生きてたんだけど

 

やっぱりなにか別のものとか

もっとレベルアップしたものを求めるんなら

アクションは必要なんだなあと思いました

し、

そのためには2年間ぬくぬくと温めた布団から出ないといけないんだなあ。と

 

でも、このままずーっとぬくぬくしていたら

どんどんどんどん

出て行けなくなるから、

 

勇気をださなくては。。。

 

そんなたいそうなことをするわけではないけど、

まあ、”これからがんばろう!”という意思表明です。

 

ただいま

 

オスロ駅で電車に乗ってから

およさ30時間後、

無事、西東京の狭いアパートに戻ってきました。

 

わたしは休みの日であれば、

余裕で30時間ずっとゴロゴロしてたりしますが、

これからはその時間をもっと有意義に使おうと思いました。

バイトしたりね。勉強したりね。

 

ちなみに、今回のわたしのチケットは

往復で9万円。

もっと早くとっていれば7万円くらいのもあった。。。

 

ドバイ経由で、ご飯は全部で8回。

そのほかにもあったかいタオルをくれたり。

飲み物もペプシからジュースからワイン、ビールまで飲み放題?

(飲みすぎたらストップかかりそうだけど)
のようなので、ハイネケンとかワインをずっと飲めて

あんなに遠くまで行って帰ってこれるんだから、すごいなあ。

映画も8本くらいみれたし。

 

f:id:ayatkn:20170720013953j:plain

 

帰りには、観たかったのに観に行けなかった

”湯を沸かすほどの熱い愛”

もみることができて満足です。

 

 

家に帰ってきて、

そのまま寝たかったけど、

ここで放置したらあしたからの部屋環境が終わる。。。ともうわかっているので

気力を振り絞って荷ほどきをして部屋の掃除をしました。

 

これであした泥のようにならない気がする。

 

むかしは修学旅行とか林間学校のかばんとか、

1ヶ月くらい放置して、お母さんに怒られるーと思って

押入れに隠したりしてたので、かなりの進歩。

 

 

あとね、オスロで買ったフルーツティーと、チャイ、マグカップが加わって

紅茶ゾーンがかなり可愛くなりました。うれしい。

 

f:id:ayatkn:20170720013956j:plain

 

全部が片付いた途端、なんだか

放心状態で、

家に帰ってきて少しほっとしている気持ちと

日常にもどってきちゃったがっかり感でいっぱい。

 

ぼーっとお茶のみながら、ついついお土産のチョコに手をだしたよ。

チェルシーにもってこっかな。

そしたら食べかけってばれない気がする。

 

この旅行でブログを書く習慣が身についたし

自炊しなきゃ!家でつくってたべなきゃ!という意識とか、

体を動かそう!外にでよう!みたいな良いながれができたので

 

しばらく、時差ぼけとともに引きずりつつ

やらないといけないことしていこうと思います。

 

夏のレポートやらなきゃやらなきゃやらなきゃ

サマースクールの準備もね。

あとバイトもね。

あと、就職とか進学の調べ物ね。

 

しないとね!

 

ファイトー