日記

aya tkn

勝手に参加

 

前回のブログで、愛を語ったチェルシーハウスに住んでいる学生がやっている

『ひとつ屋根の下』
 
 というリレーブログがあるんですけど、
(これおもしろいんですー。同じ家に住んでいる大学生が同じテーマについて記事を書いてるんですけど、ぜひ。電車の中とか。寝る前とか。読んで、わたしだったらーーーって考えるのがたのしいです。)
 
っで、
今、伝えるってむずかしいという話をしていて、
 
ああー。たしかにー。っていうこともあれば、
ほーそう感じるのかーということもあって。
 
実家の夜はとことん暇なので、書いちゃおーと思って。
ほんとは課題しなきゃだけど、このあとするから!ね!
 
さて。
 
わたしはきもちを「伝える」にはそれを「受け入れてもらう」必要が絶対にあるなあ。と思います。
 
わたしは多分受け入れてもらえるかを気にしすぎてなにも伝えないことを選んでしまいがちなんですけど。
伝えたところで、日頃の行いが伴ってないかも。。。いいことばっか言ってんぞこいつって思われたらやだあああ。とか考えちゃって。
 
「自分が思っている、わたしってこういう人、こういう考えをする、こういうことを思う人」
 
 
「相手が見ている、見ようとしている、知ろうとしている自分」
 
がかけ離れすぎているとなにも伝わらないし、そういう関係性でどんなに一生懸命伝えたって、相手はいくらでも違う受け取り方をする。
 
 
だから、伝えるために、自分のストレートを受け取ってもらうためには、準備が必要なんじゃないかと思います。
 
例えば、普段あいさつを返してくれないひとから、
「ずっと話してみたかったんですううう」といわれても、
いやいやーそんなわけないよと冷めちゃう
 
 
差別的な発言をちょこちょこしている人が、海外ボランティアに意欲があるといっても、別の意図があるんじゃないかと勘ぐってしまう。
 
 
その過程のなかで、本人の中でおおきな意識改革があったんだとしても
それはなかなかまわりの人には気づけないことだし。
 
やっぱり、毎日のなかで、説得力を身につけていくしかないと思います。
すこしずつ。もどかしいけどー。
 
 
 
あとは
自分が伝えたいきもち
を相手が受け取りたくないっていえば
きもちが悪口とか、ネガティブなものであるかもしれないですね。
 
または、素敵すぎてうらやましいとか。
 
ドロドロしてて汚いものを見たくない、
キラキラしすぎて、まぶしすぎて、目を開けていられない
 
みたいな。そういうのできもちを受け取るのを拒否してしまうことがたまにあります。
 
 
個人的に、伝えるというのはきもちを消化する作業のひとつだと思うので
 
 
たのしい、うれしいきもちはおいしい鍋、みんなで食べるのがおいしい。
 
切なかったり、かなしい、苦いきもちはコーヒーとかお酒。ひとりで、ふたりでしみじみ飲むほど味がわかるし
 
怒ってる、イライラする、嫌い!!うざい!ってきもちはブルーチーズ。食べたい、すきだよ!って人もいればほんとにオエッてなっちゃう人もいるし、食べ過ぎはよくない。
 
そんなメルヘンな頭で考えています。最近。
 
で、どこまで一緒に食べるか、食べて欲しいか、に正解はないと思う。
甘党もいれば辛党もいるし。
全部わけてくれる人もいればひとつも分けてくれない人もいるし。
(どうせ俺の料理なんて食べてもおいしくないよ!とか言って。)
 
 
でもそのへんがいいとこなんじゃないかなああ。
普段あまあまな人がせんべいをくれた!とか
あの人が!一緒に食べようて言ってくれた!みたいな
 
それがなによりうれしいなあと思ったりするので。
 
そして、ブログは食べたい人は読めばいいし、食べたくないなら読まなければいい。
そのラフさがすきです。
 
なんか、結局リレーブログとあんまり関係ないことになってるなあ。
でもいいんです
ここはわたしの城!なにしても許される。と信じたい。
 
 
とはいえ、毎日毎晩、ああこれ言わなきゃよかった。言いすぎた。ああああ
と反省会を繰り広げ、
結局なにも伝えられなかったりするので
こんなメルヘンワールドを繰り広げることなく
潔く、スパっと言葉にする人がうらやましかったりもします。
 
今も、このブログを載せるか載せないかで2日ほど悩んでいます( ´ ▽ ` )ノ
 
 
 
 
 
話は大きく変わりますが、
乃木坂46かわいすぎですね。
卒業しちゃったけど、深川麻衣ちゃんと笑顔が最高な西野七瀬ちゃんがすきです。
 
でもアイドルの最高峰はハロプロであることは譲れませんが。
ももちーーー!
 
 
では。