日記

aya tkn

夏休み

 

とっても早めの夏やすみ

スタートしたのはいいけど今は梅雨。

 

今日の朝もババババババってすごい音で目が覚めました。

家の横の玉川上水沿いに木がたくさん生えているからなのか

ものすごい音でびっくり。

 

そのあと新宿に行く用事があったから

雨の中歩きと電車で行ったけど、西東京ラバーで自転車ラバーなわたしには

プチ旅行並みの距離。

去年の夏はバイトで週3とかで渋谷か原宿に行っていたことを思うと

なまってしまった。リハビリしよう。

 

そのあとは外が暗くなるまで家でサマースクールの準備を。

ひたすら折ったり数えたり貼ったりの単純作業は無になれるのですきです。雨の日にはもってこい。

 

 

夜ご飯は夏を味わいたくてそうめんを食べたけど、

暑い日に食べたほうがおいしいね。あの食べ物は。

 

あしたは何しようかなー。

家から自転車で15分くらいのところに多摩図書館ができて

すんごく綺麗で試験期間に通ってたんだけど

試験のときは好きな本を読めなかったから、行きたいなー。

なんか大学にはいってから本=学術書

みたいな感じだから、児童書とかも久しぶりに読みたい。

キイニョンっていうパン屋さんもはいってるから最高。

夏休みは籠りたいレベル。

 

f:id:ayatkn:20170621234025j:plain

 

小学生の頃から、夏休みはよく本を読んでいる気がする。

4年生くらいまではプール行って黒くなるか、本を読むか、公園でアイス食べるか、しかしてなかったなあー。

その後ギャルになりたくて、紫とか濃いピンクを好むようになってからは

プリクラかマックかフードコートに行くようになったけど。

 

最初にわたしの読書欲を目覚めさせたのはダレンシャン。

お兄ちゃんの部屋に忍び込んで、一冊ずつ盗んで

自分の部屋の机の下で隠れながら読んで。

部屋入ったのばれたら怒られるから怯えつつも続きが読みたくてしょうがなくて何度も侵入を試みて。

わたしが小学校の低中学年のとき、思春期まっさかりだったお兄ちゃんは

テレビも観させてくれないし、ゲームもさせてくれない意地悪ヤローだったので

部屋で一人で静かにしろという性悪兄ちゃんの要望を満たしつつ

ひとりでたのしい気分になれる本はすごくすきでした。

 

ダレンシャンのあとはハリーポッターだったけど

ハリーポッターをクリアしてからは結構むずかしいというか、細かい字の薄い紙の本を読めるようになった気がする。

でも小学生の夏の読書のおかげで、国語とかで困ることは基本的になかったし、
映画とか観て理解できないみたいなことがないので

にいちゃんにも感謝してやろうかなと思います。

 

あしたは晴れますように!

 

f:id:ayatkn:20170621234034j:plain