日記

aya tkn

ソウルデイ

 

スタバの後ひとりでふらついているときに

デパートでお手洗いに行ってみると、

不思議な空間が。

 

f:id:ayatkn:20181014002242j:image

 

水を飲んだり

ソファで休憩するところなのですが、

結構な人数の方がそこでグースカ寝ていたのが

とてもシュールに見えて面白かったです。

 


その後学校終わりのジミンと駅で

待ち合わせて鈍行の電車で

1時間ちょっとかけてソウルへー

電車賃は200円くらい

 


ガヤガヤしたところよりは

静かで落ち着いたところに

行きたいと言ったら、

キョンボックンに

連れて行ってくれました!

 

f:id:ayatkn:20181014002427j:image


ソウル駅の近くで

マイクロソフトとかそういう

企業のビルが建ち並ぶ街中に

ドンと建っている

李朝時代の王宮なんですが、

 


地下鉄3番線の

5番出口(キョンボックン駅)

から階段をのぼると

すでに敷地内で、すごく綺麗です。

ちょっとタイムスリップした気分になれる!


チマチョゴリとかを着て

写真を撮っている人がたくさん!

日本人の修学旅行生もたくさんいました。

 

敷地を出たら街に

たくさんレンタルのお店が

あったのでそこで着てから

王宮に行くのも良さそう!

 


ちなみにこの場所

わたしが大好きなドラマのロケ地になっていたので、

個人的にものすごくテンションがあがる場所でした。

 


とはいえ、この場所

歴史的に日本と関わりの深い場所で

(って、韓国自体がそうなんだけど)

 

1395年に李氏朝鮮の開祖、イ・ソンゲが

建設したものなのですが、

1592年、豊臣秀吉

朝鮮出兵で(文禄・慶長の役)のときに

一度焼滅してしまっているのですー

 

しばらくは縁起が悪いとか

色々な理由で放置されていたらしいのだけど、

1868年に再建されました。

 

1910年に日本が朝鮮を統治すると

日本側がキョンボックンの敷地内に

統治のための官庁を建てて

もともとあった歴史的な建造物は

ほとんど撤去されてしまったそうです。

 

1990年から本格的な復元事業が始まって

今もまだ復元中です。

 

ガイド無しで

ただ歩いているだけだと

なかなか気づかないし

 

写真を楽しく撮るのに

すごく良い場所だけど

 

ちょっとは歴史に目を向けてみるのも

韓国旅行に行くときに大事なのかもなあ…

なんてことを考えたりしました。

 

(わたしも、しっかり、ちゃっかり、写真撮ってキャーキャーやってきましたが)

 

f:id:ayatkn:20181014002516j:image
f:id:ayatkn:20181014002519j:image

 

細部まで美しい…

 

 

そのあとは

バスですぐのところにある

有名なキルム(油)トッポギのお店に行って

f:id:ayatkn:20181014002649j:image

 

可愛くて凝ったちいさいお店がたくさんある

あたりに行って

キャンドルを買ってみたり。


f:id:ayatkn:20181014002725j:image
f:id:ayatkn:20181014002722j:image

昔のゲーセンみたいなところをのぞいたり。

 

たくさん遊んで

帰りは特急のちょっとだけ高い電車で

(鈍行が200円でこちらは500円)

パパっと。

 

家までのバスで

運転手さんとお客さんが

激しめの口論をしていて

明らかに乗客が悪かったんだけど

その人が降りたあとの運転が荒くて荒くて。

 

仕事中とかでも

感情を露わにできる人が多い気がして

それが私は結構すきだなぁーいいなぁ

と思います。

運転中はやめてほしいけど。笑